TOPICS トピックス

052-838-5505

治療を先送り・
中断するリスクについて

症状が進行してしまうと
抜歯する選択するしかなくなる
可能性が
あります

歯の痛みを感じながらも「まだ我慢できる」「歯医者にはあまり行きたくない」と治療を先送りにしてしまう方がいらっしゃいます。
しかし治療をせずに放置していると症状が重篤化して、最悪の場合には抜歯するという選択肢しかなくなることもあります。
また、せっかく治療を始めても、神経を取った段階で「痛みがなくなったからもう大丈夫」と通院をやめてしまうケースも少なくありません。
仮の蓋のままでものを噛み続けると、荷重がかかって歯が破折する可能性が高まったり、せっかく中を綺麗にしていても仮蓋の隙間から細菌が侵入して再感染を起こし、治療がゼロに戻ってしまったりと、大きなリスクを伴います。

お口の中に何か問題がある時には、先送りせずにできるだけ早く来院して診察を受け、最後までしっかりと治療を終わらせることが大切です。