インビザラインのメリット ワイヤー矯正との比較|名古屋市緑区の歯医者|徳重ガーデン歯科 矯正歯科

052-838-5505

TOPICS トピックス

052-838-5505

インビザラインのメリット ワイヤー矯正との比較



徳重ガーデン歯科 矯正歯科では世界シェアトップのマウスピース矯正「インビザライン」による矯正治療を行っています。

 

インビザラインをはじめとして、マウスピース矯正は透明なマウスピースで目立ちにくい、矯正中の痛みが少ないなど、「マウスピースならでは」のメリットがたくさんあります。

 

今回は、メリットが多いマウスピース矯正と従来のワイヤー矯正にはどのような違いがあるのかについてご説明します。

 

■マウスピース矯正のメリット ワイヤー矯正とは何が違うの?

 

メリット①透明なマウスピースで目立ちにくい

 

マウスピース矯正では、透明で薄いマウスピースを用いて歯並びを整えます。矯正装置が透明なため、矯正中、目立ちにくいです。

 

{ワイヤー矯正の場合}

 

ワイヤー矯正は歯の表面にブラケットを接着し、ブラケットの中に金属製のワイヤーを通して歯を締め、歯並びを整えます。ブラケット&金属製のワイヤーを用いるため、矯正中は装置が目立ちます(※)。

 

(※)歯の裏側に装置をつける裏側矯正(舌側矯正)、

透明なクリアブラケット、ホワイトワイヤーなど、

目立ちにくさに配慮したワイヤー矯正もあります。

 

メリット②矯正中の痛みが少ない

 

マウスピース矯正はやわらかいポリウレタン製のマウスピースを歯にかぶせて歯並びを整えます。矯正装置がやわらかく歯にかける力がマイルドなため、ワイヤー矯正と比べて、マウスピース矯正は矯正中に感じる痛みが少ないです(※1)(※2)。

 

(※1)比較的硬めの素材で作られたマウスピースを用い

る矯正ブランド(クリアコレクトなど)もあります。

 

(※2)矯正中の痛みの感じ方は個人差があります。マウス

ピース矯正で痛みや圧迫感を感じない訳ではありません。

 

{ワイヤー矯正の場合}

 

ワイヤー矯正はブラケットに通した金属製のワイヤーで強く歯を締め、歯並びを整えます。歯にかける力が強いため、ワイヤー矯正では最初に装置をつけたとき、および、矯正中の定期通院で装置を調整するとき(ワイヤーの締め直し)に痛みを感じることがあります。

 

メリット③矯正中、マウスピースを外していつもどおりの食事を楽しめる

 

マウスピース矯正は取り外し式のマウスピースを用いて歯並びを整えます。取り外し式のため、マウスピース矯正の矯正中はいつでも自由に患者さんがご自身でマウスピースを外すことが可能です。矯正中、マウスピースを外していつもどおりの食事を楽しめます。

 

{ワイヤー矯正の場合}

 

ワイヤー矯正は固定式のため、原則として、治療が終わるまで装置を外せません。装置をつけたまま食事をしなければならず、食材にも制限がかかります。装置に挟まりやすい繊維質の野菜、カットしていない肉・りんごなどのかじりつく食べ物、歯や装置につきやすいキャラメルなどはワイヤー矯正ではNGです。

 

メリット④矯正中、マウスピースを外してしっかり歯を磨ける

 

マウスピース矯正の矯正中はマウスピースを外し、しっかり歯を磨けます。デンタルフロスや歯間ブラシを用いて歯間清掃も行えます。

 

しっかりセルフケアを行えるため、ワイヤー矯正と比べて、マウスピース矯正は矯正中にむし歯・歯周病が悪化するリスクを低減できます。

 

{ワイヤー矯正の場合}

 

ワイヤー矯正は固定式のため、矯正中は装置をつけた状態で歯みがきをする必要があります。装置に合わせた特殊なブラッシングを身につけなければならず、毎日のお口のケアに手間と時間がかかります。

 

ワイヤー矯正の矯正中は隅々まで歯を磨けません。通常時(矯正をしていないとき)と比べて、ワイヤー矯正は矯正中にむし歯・歯周病が悪化するリスクが高まります(※)。

 

(※)むし歯・歯周病の発症・進行を抑えるた

めに、ワイヤー矯正では矯正中の定期通院

の際に歯のクリーニングを行います。

 

メリット⑤通院回数が少ない

 

マウスピース矯正は患者さんがご自身でマウスピースを交換・装着し、歯並びを整えていきます。マウスピース矯正では、ワイヤー矯正のような、装置の調整のための1ヶ月に1回の定期通院は不要です。

 

装置の調整が不要なマウスピース矯正。マウスピース矯正は矯正中、2~3ヶ月に1回の通院でOKです(※)。定期通院の際は次回に使うマウスピースをまとめてお渡しします。通院時には歯の動き具合いやお口の健康状態のチェックも行います。

 

(※)矯正ブランド、および、患者さんや

症状によって通院頻度が異なります。

 

通院回数が少ないため、仕事や学業で忙しい方でも最後まで矯正を続けやすい点がマウスピース矯正の特長の一つです。

 

{ワイヤー矯正の場合}

 

ワイヤー矯正は原則として、1ヶ月に1回の定期通院が必要です。通院時には装置の締め直しや歯のクリーニング、お口の健康チェックを行います。

 

メリット⑥矯正装置によるお口の怪我が起きにくい

 

マウスピース矯正はやわらかいマウスピースを用いて歯並びを整えます(※)。矯正装置がやわらかいため、マウスピース矯正では矯正中、装置によるお口の怪我が起きにくいです。

 

(※)比較的硬めの素材で作られたマウスピースを用い

る矯正ブランド(クリアコレクトなど)もあります。

 

身体を動かして遊ぶ機会が多いお子さま、また、スポーツや格闘技をされる方はマウスピース矯正にすることで、装置によって起きるお口の怪我を防ぎやすくなります。

 

{ワイヤー矯正の場合}

 

ワイヤー矯正はプラスチック製・陶器製のブラケットや金属製のワイヤーでできた固定式の矯正装置を用い、歯並びを整えます。

 

固定式の装置のため、ワイヤー矯正では、矯正中、硬い装置の角やワイヤーの先端でお口の中を傷つけてしまうことがあります。

 

【矯正認定医による専門性の高い矯正治療をご提供いたします】

 

愛知県名古屋市緑区の徳重ガーデン歯科 矯正歯科では日本成人矯正歯科学会の矯正認定医、および、日本成人矯正歯科学会の認定歯科衛生士による矯正治療を行っています。

 

矯正治療を行う際は以下の精密機器を用い、患者さんの歯並び・顎の状態を見極めながらお1人お1人の方に適した専門性の高い矯正治療をご提供いたします

 

・歯科用CT

・セファロ(矯正専用の頭部画像診断機器)

・口腔内スキャナー

 

矯正の種類は目立ちにくいマウスピース矯正「インビザライン」に加え、ワイヤー矯正ではワイヤーを縛り付けずより効率的に歯を動かせる「デーモンシステム(デーモンクリア)」、歯の裏側に装置をつける「裏側矯正」に対応しています。

 

矯正治療を受けるにあたり、ご不安に思っていることや疑問点などございましたら、お気軽にご相談ください。相談費は無料です。

 

カウンセリングでは矯正認定医が患者さんの歯並びのお悩みや矯正に対するご希望をお伺いし、治療計画・治療期間・費用について丁寧にわかりやすくご説明をさせていただきます。

 

徳重ガーデン歯科・矯正歯科
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら